ダイクレグループ

株式会社広機器製作所

 Ver.1,21 2017. 2.20   http://www.hirokiki.co.jp/  

ホーム 上へ フィードバック

コンペンセーター
[ 経歴 ] [ 組織 ] [ 特徴 ] [ 機能 ] [ 条件 ] [ 種類 ] [ コンペンセーター ] [ シフター ] [ プレッシャーローラー ] [ 使用例 ] [ 実績表 ] [ 巻取設備 ] [ 計画資料 ] [ 資料請求 ] [ リーバスカタログ ] [ リンク ]

THE LEBUS SPOOLING SYSTEM

 

フリートアングルコンペンセーター(F.A.C.)

 リーバス式フリートアングルコンベンセーターは動力源を必要とせず、巻取りを

行う際の移動角の補正装置として、リーバス社で開発されたものです。

 

 コンベンセーターの機能

 偏心しているシャフトに自由に動くシー

ブが取り付けてあり、ドラムに巻取られる

ロープの張力だけでシヤフトが回転して固

定シーブからドラムまでの距離が常に一定

となる位置までシーブを移動させます。

 そして、どの位置であってもコンペンセ

ーターからドラムに向うロープは、フラン

ジ内側面に平行に保たれます。

 

 

 

 コンペンセーターの特長

(1)機械的な動力源を必要とせず、

  ドラムの周辺のどの位置にでも取付け

   られます。
(2)フリートアングルを6゜弱までとれま

  す。
(3)初期の調整を行った後は、シャフトと

  軸受けに給油するだけで、完全に自動

  的に作動します。

(4)高速巻取りにも追従します。

 

 

 

 コンペンセーターご使用の際の条件(図5,6参照)
(1)コンペンセーターから先の第一シーブには固定シーブあるいは、フェア
リーダ

  ーをご使用下さい。そしてその位置は、ドラム、コンペンセーターの中心線上

  にあることが必要です。
(2)コンペンセーターと固定シーブの間の距離はドラム幅の5倍以上必要です。
(3)コンペンセーターのシーブとロープとの接触角度は、最小で60゜以上必要で

  す。
(4)ロープの巻取りに必要な張力を維持してください。


 

最終更新日 : 2007/09/29